2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 昭和の歌をうたう会誕生の経緯 | トップページ | 大泉逸郎 「孫」 »

2012年9月19日 (水)

我ら人生60から(鉄道唱歌の替え歌)

今日の体操の時間の後で、職員の上野さんから、今日の歌の伴奏を頼まれました。

曲名を「我ら人生60から」と言われたのですが戸惑っていると、「平さんから教わった歌で(鉄道唱歌の替え歌)ですよ」と教えて下さいました。

ああ思い出しました。

上野さんが言うことに、「平さんは200歳まで生きるそうです・・・」と、たしかにそのように豪語したことがありました。

市原市長の佐久間さんにも同じことを言いました。市長さんの答えは「競争しましょう」でした。
このことを後日NHKラジオで僕の声が電話経由で生放送されたこともあります。

しかし、もう僕は何もできなくなりました。そのような環境に向かっています。
いつお迎えが来ても有難く受け入れる覚悟になりました。たぶん明日のいのちもないでしょう。

我ら人生60から(鉄道唱歌の替え歌)

我ら人生60から 心も体も元気です
70で迎えにきたならば ただいまお留守と言いなさい

我ら人生60から いつもニコニコ朗らかに
80で迎えにきたならば まだまだ早いと言いなさい

我ら人生60から そんなに不足は言いません
90で迎えにきたならば そんなに急くなと言いなさい

我ら人生60から いつも感謝で暮らします
100で迎えにきたならば 頃みて行くよと言いなさい

こちらは僕の替え歌です。

我ら人生60から いつもさびしく彼方向き
82で迎えにきたならば 待ってましたと言いましょう

昼のうたごえ「私の人生60から」

http://www.youtube.com/watch?v=Bn8DYdBfKIM&feature=player_detailpage

このYouTube画面では、歌詞が(一番から二番に)移る時にすんなりいっていますが、パワーポイント(有料)を利用すれば、このようになるのでしょうか。
「いちうたグループ」ではオープンオフィス(フリーソフト)を使っています。

  明日は「これから音頭」をやりましょうねと上野さんが言って下さったが伴奏が出来るかどうか分からないです。

これから音頭

作曲:大泉逸郎
作詞:荒木良治

すぎて来たあと ふり向くよりも
いまを楽しく 生きようよ
ながい人生 落ちこぼれずに
よくぞここまで 来れたもの
まだまだ じんせい これからだ
これから音頭で 健やかに スコヤカに
 
遊ぶことより 働くことに
いのち燃やして きた世代
あとはまかせた 子供や孫に
そして余生を のんびりと
まだまだ じんせい これからだ
これから音頭で 健やかに スコヤカに
 
歌を唄えば 気も若やいで
みんな気持ちは 同い年
助けられたり 助けてみたり
話しあったり 和んだり
まだまだ じんせい これからだ
これから音頭で 健やかに スコヤカに
 
みんな仲良く 手をとりあって
行こうことぶき 花の道
喜寿も米寿も 白寿も無事に
越えてみせるの こころ意気
まだまだ じんせい これからだ
これから音頭で 健やかに スコヤカに

09 7 11練習会 これから音頭 - YouTube

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ZdYlAYKvuGM

以下は投影用歌詞「君の住む街・市原は」です。

君の住む街・市原は(日本語版)

君の住む街・市原は(英語版)

君の住む街・市原は(中国語版)


「いちうたグループ」行事のご案内

10月3日(水)第75回「昭和の歌ををうたう会」
10月14日(日)第回五井公民館文化祭・発表・・・・09:30~09:45
   文化祭行事のために公民館全体が使用されるので、「いちはら歌声を楽しむ会」はお休みです。
10月21日(日)第21回「歌声列車IN小湊鉄道」
10月28日(日)第158回「いちはら歌声を楽しむ会」

11月7日(水)第76回「昭和の歌ををうたう会」
11月11日(日)第159回「いちはら歌声を楽しむ会」
11月25日(日)第160回「いちはら歌声を楽しむ会」

12月5日(水)第77回「昭和の歌ををうたう会」

12月9日(日)第161回「いちはら歌声を楽しむ会」
12月16日(日)第22回「歌声列車IN小湊鉄道」
12月23日(日)第162回「いちはら歌声を楽しむ会」

会場と時間

「いちはら歌声を楽しむ会」 場所:市原市五井公民館2F 視聴覚室・・・13:30~15:30 参加費:500円
「昭和の歌ををうたう会」 場所:サンプラザ市原1Fアイ・スペース・・・13:30~15:30 参加費:300円
「歌声列車IN小湊鉄道」 場所:小湊鉄道列車内 五井駅から上総中野駅間 往復約2時間半 参加費:2,300円

申し込みとご見学
「いちはら歌声を楽しむ会」・・・直接会場へ 電話:0436-22-212(五井公民館)
「昭和の歌ををうたう会」・・・直接会場へ 電話:0436-24-1151(サンプラザ市原)

申し込みとお問い合わせ
「歌声列車IN小湊鉄道」・・・小湊鉄道本社 電話:0436-21-0771

« 昭和の歌をうたう会誕生の経緯 | トップページ | 大泉逸郎 「孫」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/47129830

この記事へのトラックバック一覧です: 我ら人生60から(鉄道唱歌の替え歌):

« 昭和の歌をうたう会誕生の経緯 | トップページ | 大泉逸郎 「孫」 »