2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 「いちうたグループ」9月のご案内 | トップページ | 10月~12月 行事予定 »

2012年8月23日 (木)

テレビ放映の力は凄い・・「歌声列車IN小湊鉄道」の予約申し込み状況 ― 年内は満席

徳さんのデジブック 「朝ズバ」



http://www.digibook.net/d/9b54e393a05e8651f6cbb1461f2d1b9a/?m

今朝「いちうたグループ」9月のご案内の記事原稿を書きながら、参考までに小湊鉄道の歌声列車情報のwebページを開いてみました。
http://www.kominato.co.jp/train/event/utagoe/utagoe.html

驚きました。

第22回 平成24年10月21日(日)定員50名 満席
第23回 平成24年12月16日(日)定員50名 満席・・・・・・となっているのです。

早速、小湊鉄道運輸課に電話で問い合わせました。実際に、このwebページの通りで、「年内満席」とのことです。

19日朝のテレビ放送をご覧になった方が、参加を申し込まれての結果です。

このように、満席になりました。しかし、ご都合があって、キャンセルされる方もおられます。
参加を諦めないで電話でご確認をお願いいたします。
申込先 電話0436-21-6771(小湊鉄道運輸課)

それにしてもテレビの力は凄いですね。

当日(8月19日)に投稿した記事をご覧下さい。
大成功・・・第20回「歌声列車IN小湊鉄道」

Ee80373eb6dd34658e4586ebebed48802

65b75fcdef5e0040189530db85b46bcb1

以下は大成功・・・第20回「歌声列車IN小湊鉄道」の後半に入力した語句です。

感謝とお礼

代表者・平哲也(演歌アコーディオンのテツ)です。
こんにちは。

第20回「歌声列車IN小湊鉄道」も多くの方のご支援とご協力により、楽しく開催させて頂きましたことを深く感謝申し上げます。

スタッフの皆さんの、なみなみならぬご尽力に対しても、心から御礼いたします

私個人に対しても、小湊鉄道の社員さんが、同鉄道五井駅操車場の踏み切りを渡るときには、僕の腕を支えて倒れないようにと、気を配って下さいました。

今朝のテレビ放映を施設で視聴しました。

テレビ局の取材班・そして深夜に仕事をされた編集の方、そして今朝の放映へと準備・実行された多くの方々に、改めて感謝を申し上げます。

さらに、笑レクさん、徳さん、そして美音岡さんや天野さんも喜んで下さり、メッセージをお寄せ下さいました。

また、放映をご覧になられた多くの方からも、お言葉を頂きました。ご自分のブログなどでもご紹介して下った方もおられます。

お世話になっている施設を利用されている方のご家族さまも、DVDに録画をして下さいました。有り難いことです。

また、当日始めてお会いしたある方が、「君の住む街・市原は」(市原市と小湊鉄道の応援歌・・オリジナル・イメージソング)について関心を持たれ、市原市の姉妹都市モービル市と親しいので、関係機関と話をして、本場の方々の声を録音出来ないか検討して下さるという嬉しいお話も伺いました。

その方は、市原市内の学校で英語を担当されているそうで、学校でも唄えるかどうか検討したいということです。試作中の英語版Sweet Home Ichiharaの楽譜をご所望になられました。

以上のように、「歌声列車IN小湊鉄道」が産声を上げた(2009年6月21日)頃は、継続できるかどうか危惧される方もおられましたが、毎回満席の盛況です。

そして、まだ実現にまでは漕ぎつけてはいませんが、県外の観光会社からは、ご予約も頂いております。

僕の健康状態は完全ではありませんが、残された時間を市原市の活性化と小湊鉄道の集客増加のために、全力を注ぐ覚悟です。

なお、「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢も捨ててはおりません。
たとえ私の時代に実現が出来なくても、どなたかが引き受けて頂けるものと信じております。

どうぞご一緒に、市原市と小湊鉄道をご声援くださいますよう、お願い申し上げます。

この地域を、千葉県を、日本全国に、そして全世界に広めることにも力をお貸し下さい。

末筆ですが、「歌声列車IN小湊鉄道」の発足や、日本音楽著作権協会(JASRAC)との問題に解決の糸口を付けて下さったことと、房総半島横断鉄道に歌声列車を走らせたいという考えを支援して下さった、某市会議員様が逝去されました。心から哀悼の意を捧げさせて頂きたいと思います。
奥様とご一緒に(乗り合わせた周囲の方には匿名で)参加されたお姿も、懐かしく
思い出しております。

以下は投影用歌詞「君の住む街・市原は」です。

君の住む街・市原は(日本語版)

君の住む街・市原は(英語版)

君の住む街・市原は(中国語版)


「いちうたグループ」行事のご案内

10月3日(水)第75回「昭和の歌ををうたう会」
10月14日(日)第回五井公民館文化祭・発表・・・・09:30~09:45
   文化祭行事のために公民館全体が使用されるので、「いちはら歌声を楽しむ会」はお休みです。
10月21日(日)第21回「歌声列車IN小湊鉄道」
10月28日(日)第158回「いちはら歌声を楽しむ会」

11月7日(水)第76回「昭和の歌ををうたう会」
11月11日(日)第159回「いちはら歌声を楽しむ会」
11月25日(日)第160回「いちはら歌声を楽しむ会」

12月5日(水)第77回「昭和の歌ををうたう会」

12月9日(日)第161回「いちはら歌声を楽しむ会」
12月16日(日)第22回「歌声列車IN小湊鉄道」
12月23日(日)第162回「いちはら歌声を楽しむ会」

会場と時間

「いちはら歌声を楽しむ会」 場所:市原市五井公民館2F 視聴覚室・・・13:30~15:30 参加費:500円
「昭和の歌ををうたう会」 場所:サンプラザ市原1Fアイ・スペース・・・13:30~15:30 参加費:300円
「歌声列車IN小湊鉄道」 場所:小湊鉄道列車内 五井駅から上総中野駅間 往復約2時間半 参加費:2,300円

申し込みとご見学
「いちはら歌声を楽しむ会」・・・直接会場へ 電話:0436-22-212(五井公民館)
「昭和の歌ををうたう会」・・・直接会場へ 電話:0436-24-1151(サンプラザ市原)

申し込みとお問い合わせ
「歌声列車IN小湊鉄道」・・・小湊鉄道本社 電話:0436-21-0771

« 「いちうたグループ」9月のご案内 | トップページ | 10月~12月 行事予定 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/46796528

この記事へのトラックバック一覧です: テレビ放映の力は凄い・・「歌声列車IN小湊鉄道」の予約申し込み状況 ― 年内は満席:

« 「いちうたグループ」9月のご案内 | トップページ | 10月~12月 行事予定 »