2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 老後は人生で一番輝く時 | トップページ | 第73回「昭和の歌をうたう会」 »

2012年7月31日 (火)

YouTubeの動画が保存出来るので、ブログに投稿する記事のネタがありません!

映画「東京オリンピック」 開会式入場行進
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=iL2Yymyb-yk

東京五輪音頭 三波春夫
http://www.youtube.com/watch?v=TnqMXP3Nl9Q&feature=player_detailpage

YouTubeの動画がパソコンなどに保存出来るので、ブログに投稿する記事のネタがありません!

最近購入した本から、YouTubeで公開している動画をダウンロードし、それをパソコンのデスクや携帯電話のメモリーカードなどに保存出来ることを知りました。

そうすれば、電話回線で結ばれているサーバーを通さなくても、無線LAN機能を使わなくても、保存しておいた好きな動画を楽しむことが、いつでも、どこでも出来るのです。

これまでサーバーを通してインターネットにあるYouYubeのサイトから動画をダウンロードし、ブログに貼り付けて楽しんでいました。

ところが、動画をパソコンや携帯端末に保存できるということで、ブログも縮小出来ることになります。

施設にいると、衣食住は一応提供されますが、話相手が一人もいないことや、好きなこと(僕の場合はキーボードを、音を出さなくても使えない)が出来ないことから、生きている楽しみが全くなくなりました。

以前、ある医師から、「施設に入ってしまいば、好きなことが出来なくなるので、自活した方がいいですよ」とコメントされたことがあります。

昨年、不注意から,、ぎっくり腰(圧迫骨折)を起こした時、掛り付けの病院の医師から、次のように云われました。

「家で過ごしているより、入院した方が良いんじゃないですか・・・」と。

その言葉に誘惑されて気軽に入院しました。

あの時、痛みを我慢して自宅療養を続けていれば良かったと、今になって後悔しています。

でも「後悔先に立たず」で、罠に嵌ってしまった今では、もう後戻りが出来ない檻に入ってしまいました。

僕は医師の言葉に反して施設に入ったのですが、「生きる屍」同然の毎日です。

便秘・腰痛・不眠・記憶力減退などで悩んでいます。

下剤や痛み止めの薬を飲んでいますが、効き目がありません。

檻から出たいのですが、おカネは発症したさまざまな病気(脳梗塞・圧迫骨折・腸閉塞など)の治療費で使い果したので、住居を探すことも出来ません。

市原市長 佐久間隆義 様とは「200歳まで生きてボランティア活動に励みたい」と豪語した僕が、約束を果たせず、こんな哀れなことになって申しわけありません。

もう「歌声列車IN房総半島横断鉄道」の夢も無くなりました。

施設に入ると言う事で、これまでに持っていた貴重な楽譜を捨ててしまいました。

でも少しばかり楽譜を持ち込んであるので、それを見ながら、せめて曲のメロデ―を覚えたいためにYouTubeを利用しています。

でも、もうパソコンに保存した曲をいつでも聴けるのですから、ブログに書き込むのは最小限で良いわけです。

施設での生活は単調で、毎日が殆ど同じなので、記事のネタがありません。また「施設の事は書かないで下さい」と釘を刺されています。

前にボランティア活動をさせて頂いた某施設では「宣伝になるのでドンドン書いて下さい」と言われたことと比べて、考えされられます。

今後は、せいぜい「いちうたグループ」の活動の様子やスタッフの紹介だけの記事になります。

ついでにですが、僕は「いちうたグループ」の代表から手を退くつもりです。伴奏も弾けない伴奏者など、即刻下るべきです。

僕が伴奏を全部引き受けなくて、協力者の皆さんと一緒に楽しませて頂く、それで良いのではないでしょうか。

ただし、完全に手を退くと困ることもあります。

それは「いちはら歌声を楽しむ会」からは、謝礼(公民館運用規定)や、「昭和の歌をうたう会」や「歌声列車IN小湊鉄道」からは交通費が頂けなくなるからです。

頂いた金額からタクシー料金などを差し引いた残りで、好きな缶コーヒー(カフェオレ)を自販機で買う事が出来ますが、今月はキーボードやブックエンドや書籍「YouTube徹底入門」を買ったので、おカネがありません。便秘も、いっそう酷くなります。

これまで、ご案内した動画をご覧頂いた方には、ご不満もあると思われますが、ご了解を頂きたいと思います。

なお動画は簡単に保存出来るので、お試しになられることを、お勧めします。

それには「ダウンロード支援ツール」を手に入れることが先決です。

一部繰り返しになりますが、僕は自分の勉強(メロを覚える)ために、YouTubeを利用していました。
聴きたい曲をYouTubeのサイトからダウンロードして、ブログに張り付けていました。

聴きたい動画を右クリックして「埋め込みコード」をコピーしてブログの「HTMLの編集窓」に貼りつけることをしていました。

しかし、そんなことをしなくても、簡単に自分のパソコンにYouTubeの動画をコピーして保存することが出来るんですね。

それには、「ダウンロード支援ツール」をインストールします。

http://blog.goo.ne.jp/ghostwind/と入力して、「Blowin' in the Ghostwind...」のページにアクセスします。

現れた、「Blowin' in the Ghostwind...」のページから、「GetFLV」へのリンクをクリックし、「GetFLV」のページがでたら、ダウンロードし、「保存」し、「実行」するとインストールが始まります。

最後に、保存先を指定すれば完了します。

次に、再生している動画の余白の場所を右クリックし、「FLV動画をダウンロード」を選ぶ。

再生している動画がFLVのアイコンの形であらわれるので、それをクリックすると、動画が現れます。

以上の作業には多少のHTMLの知識があった方が良いですが、私はHTML辞典を、引っ越しのため、捨ててしまいました。買い直しするにも、おカネがありません。

ということで、今後はブログに掲載する必要が無くなります。

よって、僕の、このブログも縮小出来ると思います。

もう、ブログに投稿する記事のネタも探せません!

それと迫りくる老化の現象で視力が弱くなり、パソコンの画面で文字のサイズを150%位にしないと細かい文字(特に欧文)が読めません。

それに背骨が曲がり硬くなって、結果的にベッドで眠られないので、夜中に起きて椅子に座って夜を過ごしている有様です。

背骨の変形は専門の病院、整形外科などでなければ処置が出来ないでしょう。

外出も不自由な上に、診療費も捻出出来ない状態では何が楽しみなのでしょうか。

すくなくともQOLの向上を目指しているのでしょうが、どうすることも出来ない我が国の医療や福祉の現状でしょうね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

なお、上記のYouTube動画の保存の方法などは、下記を参考にしました。

書名:動画共有サイトYouTube徹底入門
著者:青木恵美
発行所:翔泳社
発行日:2007年2月14日

書名:かんたんパソコン入門事典・WindowsXP対応〔基本用語と基本操作編〕
著者:科学プロダクション・コスモピア
発行所:技術評論社
発行日:2003年1月10日

« 老後は人生で一番輝く時 | トップページ | 第73回「昭和の歌をうたう会」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/46524799

この記事へのトラックバック一覧です: YouTubeの動画が保存出来るので、ブログに投稿する記事のネタがありません!:

« 老後は人生で一番輝く時 | トップページ | 第73回「昭和の歌をうたう会」 »