2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« ダミア 「暗い日曜日」・・・(自殺の聖歌) | トップページ | 天国に結ぶ恋 »

2012年7月20日 (金)

かごの鳥

ブログランキング 演歌・民謡・大衆歌謡

かごの鳥 (神楽坂浮子) 作詞:千野かほる、作曲:鳥取春陽

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=i8Dq9895Vxo

村上幸子 籠の鳥
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=51f4VYpjIpI

1(女)
  逢いたさ見たさに 怖さを忘れ
  暗い夜道を ただ一人

2(男)
  逢いに来たのに なぜ出て逢わぬ
  僕の呼ぶ声 忘れたか

3(女)
  あなたの呼ぶ声 忘れはせぬが 
  出るに出られぬ 籠の鳥

4(男)
  籠の鳥でも 智恵ある鳥は 
  人目忍んで 逢いに来る

5(女)
  人目忍べば 世間の人は 
  怪しい女と 指ささん

6(男)
  怪しい女と 指さされても 
  誠心(まごころ) こめた仲じゃもの

7(女)
  指をさされちゃ 困るよ妾(わたし) 
  だから妾(わたし)は 籠の鳥

8(男)
  世間の人よ 笑わば笑え 
  共に恋した 仲じゃもの

9(女)
  共に恋した 二人が仲も 
  今は逢うさえ ままならぬ

10(男)
  ままにならぬは 浮世の定め 
  無理に逢うのが 恋じゃもの

1(女)
  逢(お)うて話して 別れるときは 
  いつか涙が おちてくる

12(男)
  おちる涙は 真か嘘か 
  女心は わからない

13(男女)
  嘘に涙は 出されぬものを 
  ほんに悲しい 籠の鳥

《蛇足》 大正末期から昭和にかけて一世を風靡した大ヒット歌謡。

 作曲者は天才的演歌師と呼ばれた鳥取春陽。彼は、ヴァイオリンの弾き語りをしながら全国を回る街頭演歌師でしたが、この作品がレコード会社の目にとまり、大正11年(1922)にレコードに吹き込みました。

 歌いやすいメロディのため、すぐに多くの人びとに愛唱されるようになりましたが、とくに大正13年(1924)に大阪の映画会社・帝国キネマが悲恋物語『籠の鳥』として映画化すると、爆発的な流行となりました。
 小学生や舌のよく回らない幼児までもが歌うようになったので、歌唱禁止運動まで起こったと伝えられています。

(二木紘三)
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/08/post_ab12.html

« ダミア 「暗い日曜日」・・・(自殺の聖歌) | トップページ | 天国に結ぶ恋 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/46393211

この記事へのトラックバック一覧です: かごの鳥:

« ダミア 「暗い日曜日」・・・(自殺の聖歌) | トップページ | 天国に結ぶ恋 »