2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 東京行進曲 | トップページ | ゴンドラの唄 »

2012年7月20日 (金)

船頭小唄

船頭小唄
http://www.youtube.com/watch?v=pfCYIPhpjEI&feature=related

船頭小唄 森繁久彌
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=9EhoJuFrTto

船頭小唄
桜井敏雄(バイオリン)で

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=O4P5I5TE2EA

船頭小唄 / 森昌子

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=PGyXHm-RHQE

船頭小唄 五木ひろし・森昌子 

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=QeSn2e4J3xc

船頭小唄 舟木一夫 さん
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=26dpNO6Xumk

船頭小唄 中村美律子 
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=C3FyKg4aFak

船頭小唄

作詞:野口雨情、作曲:中山晋平

1 おれは河原の 枯れすすき
  同じお前も 枯れすすき
  どうせ二人は この世では
  花の咲かない 枯れすすき

2 死ぬも生きるも ねえお前
  水の流れに なに変わろ
  おれもお前も 利根川の
  船の船頭で 暮らそうよ

3 枯れた真菰(まこも)に 照らしてる
  潮来出島(いたこでじま)の お月さん
  わたしゃこれから 利根川の
  船の船頭で 暮らすのよ

4 なぜに冷たい 吹く風が
  枯れたすすきの 二人ゆえ
  熱い涙の 出た時は
  汲んでおくれよ お月さん

《蛇足》 歌詞は大正10年(1921年)3月に、民謡『枯れすすき』として発表されました。これに中山晋平が曲をつけ、『船頭小唄』としてレコード化されると、全国で歌われるようになりました。

 敗残の思いを切々と歌い上げた歌詞は、不遇の時代を経験した雨情の心情の反映であるといわれています。

 『船頭小唄」は栗島すみ子・岩田祐吉主演で映画化され、大正12年(1923)1月に公開されました。
 その年の9月1日、関東大震災が起こり、関東一円に大惨害をもたらしました。多くの被災者が打ちひしがれ、被害を受けなかった人たちも、さらに悪いことの予兆ではないかと不安に駆られました。

 哀調を帯びたこの歌は、そうした人びとの気持ちにマッチし、永く歌われることとなりました。同じ中山晋平作曲の『カチューシャの唄』などとともに歌謡曲草創期を彩る傑作の1つです。

 真菰は水辺に群生するイネ科の多年草。三橋美智也の『おんな船頭唄』でも歌われています。
 潮来出島は潮来の町の南に広がるデルタ地帯のことで、多くの水路が網の目のように走っています。

(二木紘三)
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/12/post_0aae.html

« 東京行進曲 | トップページ | ゴンドラの唄 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/46395426

この記事へのトラックバック一覧です: 船頭小唄:

« 東京行進曲 | トップページ | ゴンドラの唄 »