2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« さすらひの唄 | トップページ | 悲しい酒 »

2012年7月21日 (土)

君恋し

「君恋し」の戦前版
二村定一、佐藤千夜子 

戦後版
フランク永井、二葉あき子

戦前版
作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華、唄:二村定一(佐藤千夜子)

1 宵闇せまれば 悩みは涯なし
  みだるる心に うつるは誰(た)が影
  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く

2 唄声すぎゆき 足音ひびけど
  いずこにたずねん こころの面影
  君恋し おもいはみだれて
  苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

3 去りゆくあの影 消えゆくあの影
  誰がためささえん つかれし心よ
  君恋し ともしびうすれて
  臙脂(えんじ)の紅帯 ゆるむもさびしや

戦後版
作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華、唄:フランク永井

1 宵闇せまれば 悩みは涯なし
  みだるる心に うつるは誰(た)が影
  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く

2 唄声すぎゆき 足音ひびけど
  いずこにたずねん こころの面影
  君恋し おもいはみだれて
  苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く
  今宵も更け行く 今宵も更け行く

「君恋し」・・戦前版

君恋し (二村定一)
http://www.youtube.com/watch?v=YWLwlEFQZrE&feature=player_detailpage

君恋し (佐藤千夜子)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=-FW5eDcVQVs

君恋し(戦前版)

作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華、唄:二村定一

1 宵闇せまれば 悩みは涯なし
  みだるる心に うつるは誰(た)が影
  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く

2 唄声すぎゆき 足音ひびけど
  いずこにたずねん こころの面影
  君恋し おもいはみだれて
  苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

3 去りゆくあの影 消えゆくあの影
  誰がためささえん つかれし心よ
  君恋し ともしびうすれて
  臙脂(えんじ)の紅帯 ゆるむもさびしや

《蛇足》 昭和4年(1929)3月公開の映画『君恋し』の主題歌。松竹キネマ、マキノ・プロダクション、河合映画製作社、日活の競作でした。同年に同じ題名(原題は`The Man I Love`)のアメリカ映画が公開されていますが、この歌とは関係ありません。

 作詞者の時雨音羽(シグレオトワ・本名は池野音吉)は大蔵省に勤めていたとき、日本ビクターの社長に依頼され、この歌を作詞したそうです。
 当時の日本ビクターはアメリカ資本で、洋楽しか扱っていませんでしたが、この歌の成功で自信がついて歌謡曲の制作に踏み切ったといいます。時雨音羽も大蔵省を辞めて、専業の作詞家に転身しました。

 曲は、当時流行り始めたジャズ調を取り入れたのが特徴ですが、日本的な哀調を残したのが日本人の心情にアッピールしたようで、大ヒットとなりました。

 ポストルードの前半に『埴生の宿』の一節が使われています。

 歌ったのは浅草オペラの花形シンガー、二村定一(ふたむら・ていいち)でした。
 戦後フランク永井の唄でリヴァイヴァル・ヒットしました。

(二木紘三)
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2010/10/post-89a1.html

「君恋し」・・・戦後版

フランク永井 君恋し
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=BAROgRoNIUE

君恋し二葉あき子(ステレオ)
《このYouTubeはembed(埋め込み)が出来ません。下のURLをクリックしてお聴き下さい》
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=jmFPVI0x2L4

作詞:時雨音羽、作曲:佐々紅華、唄:フランク永井

1 宵闇せまれば 悩みは涯なし
  みだるる心に うつるは誰(た)が影
  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く

2 唄声すぎゆき 足音ひびけど
  いずこにたずねん こころの面影
  君恋し おもいはみだれて
  苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

  君恋し 唇あせねど
  涙はあふれて 今宵も更け行く
  今宵も更け行く 今宵も更け行く

《蛇足》 オリジナルは、昭和4年(1929)に浅草オペラの人気歌手・二村定一(ふたむら・ていいち)が歌った曲。『波浮の港』や『東京行進曲』などとともに、歌謡曲レコードの草創期を代表する作品の1つです。

 戦後の昭和36年(1961)、この曲がフランク永井の歌でリバイバル・ヒットしました。オリジナルよりスローテンポで、スイング・ジャズ風にアレンジされています。

 たとえば、原曲で八分音符2つの組み合わせになっているところを、付点八分音符+十六分音符の組み合わせに変えるなどしてスイング感を強くしています。
 前奏・後奏も変わり、歌詞は3番が省略されました。
 原曲と聞き比べてみると、おもしろいと思います。

 原曲は映画の主題歌でしたが、このリバイバル版も、翌年公開された日活の歌謡メロドラマ『君恋し』(森永健次郎監督)の主題歌として使われました。

原作は作詞者の時雨音羽でした。

(二木紘三)
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/10/post_373e.html

« さすらひの唄 | トップページ | 悲しい酒 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1731321/46405182

この記事へのトラックバック一覧です: 君恋し:

« さすらひの唄 | トップページ | 悲しい酒 »